仙台牛ブランドの定義

「仙台牛」の食味は、口当たりが良くやわらかで、 まろやかな風味と豊かな肉汁が特徴です。 脂肪と赤身の絶妙なバランスから生まれる その上質な食味は、 ふるさと宮城の自然によって育まれています。

仙台牛の定義

  • 黒毛和種であること
  • 仙台牛生産登録農家が仙台牛生産肥育体系に基づき個体に合った適正管理を行い、宮城県内で肥育された肉牛
  • 本協議会が認めた市場並びに共進会等に出品されたもの
  • (社)日本食肉格付協会枝肉取引規格が、A5またはB5に評価されたもの

宮城県では、年間およそ15,000頭が食肉として出荷されていますが、うち仙台牛の名で出荷されるものは、そのおよそ3割です。 霜降りと赤身のバランス、きめの細かさなど厳しい基準をクリアし、最高ランクに格付けされた牛肉だけが 「仙台牛」の称号を得ることができます。

仙台牛の格付け

仙台牛は、(社)日本食肉格付協会が行う「枝肉取引規格」という日本全国共通の基準に基づいたランク付けで「A5」「B5」と評されたものだけを示します。
そのため、仙台牛であることが即ち超高級牛肉であることの証となっています。

美味しさの秘密

良質の肉であればあるほど、食材本来の味を楽しんでいただくのがおすすめです。
当店では仙台牛を備長炭でグリエして、仙台牛本来の味わいを楽しんでいただくお料理をご用意しております。

  • 良質な水と稲わら

宮城は全国有数の米どころです。仙台牛は、その清らかな水で育ったササニシキやひとめぼれなどの稲わらを贅沢に食べて育ちます。ふるさとの豊かな自然の恵みをからだいっぱいに吸収することで「仙台牛」の美味しさは作られています。

  • 3年かけた丹精な飼育

仙台牛はおよそ3年をかけて丁寧に育てられます。また、宮城は子牛の産地であることから、牛は生まれたときから宮城の空気の中でのびのびと成長していきます。そのため、肉質にぶれが少なく、格付けのもと5等級という一定の規格を保った美味しい「仙台牛」を育て続けていくことができるのです。